金持ちになる為に、まず就活をやめる

皆が行く逆の方向に、チャンスがある。

企業にアイデアを売りつけてお金を得るには?

おはようございます。

 

こんにちは。

 

こんばんは。

 

 

 

 

今回は、ビジネスのひとつの手法について考えてみようと思います。

 

私のように過去の実績がない人間にとって、ビジネスを始めるにあたって、お金が必要になってきます。

 

しかし、たいていの学生や若者にはその資金調達が極めて難しいですよね。

 

 

そこで考えました。

 

f:id:tnknwb:20170624024311p:plain

 

 

「企業に自分のアイデアを売り込んで資金調達をすればいいんじゃね?」

 

 

 

 

ということで、今回は企業にアイデアを売り込んで、なおかつそれを高額で買ってもらうにはどうすればよいのか考えてみようと思います。

 

 

 

それにあたって、必要なことは何か。

 

 

 

1.そのアイデアが本当に自分独自のものなのか?

 

誰にも助けを借りず、自分の脳からひねり出したアイデアでも、

それがそれまでに考えられていたことであったりする場合があります。

 

それを確認するために、特許庁のホームページで確認してみましょう。

ホーム | 経済産業省 特許庁

特許庁のHPに、これまでの特許について調べることができる、

「特許情報プラットフォーム」というものがあります。

 

そこで自分が考え出したアイデアが独自のものであるか調べてみましょう。

 

 

 

 

2.ターゲットとする企業があるのか

 

どんなビジネスにおいても、ターゲティングは必須です。

同様に、アイデアを売り込む先を明確にすることが極めて重要です。

 

ではどんな企業をターゲットとするか。

 

ターゲットとして狙う企業は、

イデアに近しい事業をおこなっている会社にするべきです。

 

理由は簡単です。逆に考えてみましょう。

 

例えば食品メーカーに、ITのアイデアを売り込むとします。

成功すると思いますか??

 

その企業が莫大な収益を生み出していて、新事業を展開しようとしていて、かつ自分に輝かしい経歴がありでもしない限りは不可能でしょう。

 

ネットショップの新しい形態が思いついたなら、amazon楽天、yahooに売り込めばいいのです。

全く新しい傘の形が思いついたなら、傘の企業に売り込めばいいのです。

 

 

それに、近しい事業を行っている企業ならば、必ずその事業の担当者がいます。

これが重要です。

 

 

常に革新的なことを起こそうとしている企業でもない限りは、

売り込みの営業をしようにも、担当者がいなければ取り付く島もありません。

「担当者がいない=その企業には必要ない」と考えるのが自然ですよね。

 

 

担当者がいれば一気に可能性が広がると思います。

きっと門前払いは食らわないでしょう。

 

担当者にとって、アイデアの売り込みを聞くことにデメリットがないからです。

(もちろん、時間は使いますが)

 

むしろ、門前払いなんかして、他の競合企業に売り込まれて、

それが大事業にでもなった日には、その門前払いした企業が火の車です。

 

 

「とりあえず話だけでも聞いてみるか。」

 

 

この「とりあえず」と思わせることが大切だと思います。

 

 

話の場さえ作ることができれば、あとは売り込むだけです。

営業の手腕と、プレゼン能力、そして度胸があればなんとかなります。

 

 

 

 

そして、この話の場において、強力な力を持つのが、「特許」です。

 

 

事前にアポをとる段階においても、「特許」の有無で大きく結果が変わると思います。

極端な話、特許をとれていなくてもよいと思います。

申請しているという事実が大事なのです。

 

 

イデアを思いついても、それをわざわざお金を使って自分独自のものにする人は、そうそういません。

(まあそもそも、アイデアを企業に売りつけようとする人も少ないと思いますが)

 

 

 

したがって、「特許申請をしている」、その一言だけで相手を揺さぶることができます。

 

 

 

 

うまくいけば権限がある人間まで一発でつながるかもしれません。

 

 

 

 

もし話を聞いていただいた上で、

上手くいかなければ、それがダメだった理由について考察し、

それを乗り越えて、お金を生み出すことができるビジネスだと思うなら、

また別の競合企業に売り込めばよいのです。

 

 

 

以上です。

 

今回は私自身が動くために、考えをまとめるブログでした。

何か思うことなどありましたらコメントお待ちしております。

 

ブログお読みいただきありがとうございます。

 

田中大貴