金持ちになる為に、まず就活をやめる

皆が行く逆の方向に、チャンスがある。

覚える努力しないクセに、教えてって言ってくるやつうざくね?

おはようございます

 

こんにちは

 

こんばんは

 

 

 

 

突然ですが、

 

覚える努力しないクセに、教えてって言ってくるヤツってうざくないですか?

 

 

 

 

今回は麻雀の話です。

僕は麻雀が好きで、少なくとも週一回は友人や先輩後輩らを卓を囲みます。

 

 

麻雀を覚えようと思って覚えたのは、たぶん中二~三くらいの頃。

 

 

きっかけはなんだったか、自分でも定かではないのですが、

中二病をこじらせてしまったのか、昔好きだった子が家族でよく麻雀するって話してたのに影響されたのか。(笑)

 

 

始めは無料で出来るネット麻雀「天鳳」でなんとなく打ちながら流れを覚えました。

 

 

オンライン対戦麻雀 天鳳

↑これですね。

 

 

天鳳」に限らずネット麻雀は、

 

テンパイしたらリーチするかしないか選択する画面が出てきたり、

鳴けるタイミングで毎回止まって確認してくれたり、

和了したら役をわかりやすく表示してくれたり、

 

初心者に優しいですよね。

 

 

で、「天鳳」で基礎を覚え、次に偶然祖父母の家にあった麻雀牌をもらってきました。

 

実物があればやはり覚えも早かったですね。

 

あとちょうどそのくらいの時期に、アニメの「咲」がやってたのもより麻雀にのめりこむ一因になりました。(笑)

 

高校に入ってからは、数少ない麻雀のできる友達たちと月1とか2とか、

それくらいの頻度でしたが、自宅で麻雀をしました。

 

 

 

大学に入ってから、周りに打てる友達が少なくて、しばらく離れていましたが

 

今年に入って、いつの間にか後輩たちが麻雀を覚えていて、そこから打つ機会が爆発的に増えました。

 

 

まあそんな感じで、私は22歳という年齢の割に、麻雀暦は長いです。

 

自分でいうことでもないですが、最初に手積みから入ったので、

全自動育ちの最近の人たちと比べても牌捌きも上手だと思います。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

で、話はタイトルに戻りまして、

 

覚える努力しないクセに、教えてって言ってくるやつうざくないですか?

 

麻雀って、

「アプリゲームの麻雀ならやったことある」とか、

ドンジャラなら知ってる」とか、ライトユーザー?が多いと思うんですよね。

 

あと若い人たち(私調べ)の中ではやっぱり「大人のゲーム」という印象が強いみたいで、特に男性に覚えたいって人が多いような気がします。

(あと男だらけの空間に割り込んでチヤホヤされたい男好きの女子大生とかね)

 

 

 

そいつらに言いたい。

 

 

「自分から一切覚えようとするアクション起こさないくせに、教えてって言ってくるんじゃねぇ!!」

 

 

本気で覚えたいって思ってる人って、自分からアクション起こすんですよ。

これ、何事においてもそうだとおもいます。

 

自分から動いて、それでもわからないときに聞く。

それが基本だと思います。

 

 

 

さっきから私が「うざくね?」って言ってるやつらは、

基本とか、反復練習をすっ飛ばします。

 

教えてもらって、一瞬で上手になると思ってます。

 

 

 

私は、「麻雀教えて」と言われていつも困ります。

 

 

麻雀の何について教えれば良いのかわからないからです。

 

 

 

そもそものルールがわからないのか?

「攻め」なのか?

「守り」なのか?

点数計算なのか?

 

 

 

サッカーを教えるといっても、オフェンスとディフェンスでやることが違うのだから、

そう簡単にいかないのと一緒です。

 

 

 

ちなみにですが、私が考える麻雀を打てるようになるステップは以下です。

 

①ルールを覚える

これはいろいろ方法があります。基本的なルールさえわかれば、OKです。

最近は漫画とかもあります。アカギとかね。

福本作品が苦手な人には、「咲」をオススメします。かわいいです。

 

 

 

②ネット(アプリ)麻雀でたくさんやりこむ

これも結構大切です。

上でも書いたように、ゲームの麻雀は親切なので、チョンボとかやらかしません。

初心者にはもってこいです。

CPU戦とかができるものだと尚良いと思いますよ。

 

 wii持ってないですけど、一応リンク張っときます。

 

③実際に打つ

身の回りで打てる友達の輪に入れてもらって、実際に打ってみましょう。

はじめは、ネットではあんなに簡単なのになんで・・・?ってなると思います。(笑)

 

④本などで理論を学ぶ

一通り打てるようになったら次は勝つことを目標にしましょう。

基本を学んだら、次は応用です。本や、「何切る」をたくさんやって勉強しましょう。

実際に本まで買って読んでる人って、ごく少数なので、ここまでこれたら大抵の人に勝てます。

自分がそれまで正しいと思っていたことの常識が覆ります。

 

麻雀 傑作「何切る」300選

麻雀 傑作「何切る」300選

 

 

 

現代麻雀 手作りと押し引きの鉄戦術

現代麻雀 手作りと押し引きの鉄戦術

 

麻雀の戦術本は、いろんなプロの方が出してます。

スタイルによって考え方とかも全然違ったりするので、いろいろ読んでみることをオススメします。

ちなみに、↑の「何切る」300選はめちゃめちゃ秀逸です。 

ホントに読んでおくべきだと思います。

 

 

 

 

この記事書いてて、改めて思いましたけど、こういうヤツらって、そもそもナメてますよね。

 

上手な人にちょっと教われば、自分も同じように出来ると思ってます。

 

ナメんなよと。そんな甘い事なんてないぞと。言いたいですね。

 

 

ブログお読みいただきありがとうございます。

 

田中大貴