金持ちになる為に、まず就活をやめる

皆が行く逆の方向に、チャンスがある。

身代金要求!? ランサムウェアにかかったら?

おはようございます

 

こんにちは

 

こんばんは

 

 

 

みなさん、「ランサムウェア」ってご存知ですか?

 

「ラムサムウェア」は、コンピュータウイルスの一種で、

感染したパソコンのファイルを読めなくしたり、スマホの起動そのものを制限するウイルスです。

 

そのロックを解除する代償として、身代金(ランサム.ransom)を要求してきます。

 

今回は、ランサムウェアについてよく調べて、対策をまとめます。

 

 

 

 

 

ランサムウェアには2パターンある?

 

 

ランサムウェアには、

・ファイル暗号化型

・端末ロック型

の2パターンがあります。

 

 

<ファイル暗号化型>

ファイル暗号化型は、主にパソコンに感染するもので、感染したPCのファイルをすべて暗号化し、読み取りを不可能にするものです。

 

f:id:tnknwb:20170619004305j:plain

 

(引用元:

ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)とその対策について - トレンドマイクロ

 

感染すると、こんな感じの画面が出てきて、時間以内に金銭の支払いを要求してきます。

 

ちょっと画像を見ていただくとわかるのですが、日本語が若干変です。

海外で作られたものであるということがわかりますね。

 

更に、このファイル暗号化型は、感染したパソコンがアクセス権を持つすべての範囲に被害を及ぼすことが明らかになってます。

 

もしこれが会社のパソコンに感染した日には…恐ろしいですね。。。

 

 

正直、このランサムウェアは感染した時点で、復元や駆除はほぼ不可能と思った方がいいかもしれません。

 

 

 

しかし、だからといってこの「身代金」を払ってはいけません。

 

払ったところで、暗号化を解除してくれるのか。その保証はありません。

 

むしろ、犯人へお金を送ることになり、次の被害者がふえるだけです。

 

 

 

感染してしまった場合、その「身代金」を払わないことが一番の対策かもしれません。

 

 

 

<端末ロック型>

こちらは2016年3月~ごろから出回り始めたものです。

主にAndroidスマホに感染します。

 

Android端末に感染したランサムウェアにより、端末の起動そのものをロックします。

解除するには、やはり身代金として金銭を要求してきます。

 

f:id:tnknwb:20170619005421j:plain

(引用元:愛知県警)

 

このランサムウェアの大半は「system cleaner」など、ありそうなアプリの名前を装い、みなさんのスマホに侵入します。

 

これは暗号化型とは違い、アプリケーションを利用しています。

 

つまり、アプリを端末から削除することができれば、

 

この状態から復活することができるかもしれないのです。

 

 

 

 

 

Androidからランサムウェアを削除する方法

 

ランサムウェアのアプリを削除する方法は、非常に簡単です。

 

 

1.セーフモードで起動する

セーフモードとは、端末に不具合が生じたときのための診断用のモードです。

機種や、Androidのバージョンなどによって、やり方は違いますがググってみればすぐにわかると思います。

参考に、Xperiaをセーフモードで起動する方法を載せておきます。

 

www.au.com

 

 

2.「設定」から、該当アプリを削除する 

 セーフモードで起動すると、それまでロックされていたスマホが操作できるようになります。

起動したら、まず「設定」の画面に移動します。

そこから「アプリ」を確認し、該当のアプリをアンインストールします。

 

これで再起動をすれば、駆除完了です。

 

※アプリがアンインストールできない場合は、「セキュリティ」を確認してください。

「管理設定」の「該当アプリ」のチェックボックスを解除し、もう一度「設定」からアンインストールしてみてください。

 

 

 

もし、この方法でアンインストールできない場合は、もうスマホを初期化するしかないと思われます。

 

 

 

ランサムウェアの予防策

 

・OSを常に最新の状態にしておく

不自然なファイルを避け、気を張ってネットをしていても、感染する場合があります。

ランサムウェアは、OSやソフトの脆弱性をついてきます。

そうしたことを防ぐために、OSやソフトは常に最新の状態にしておくようにしましょう。

 

・バックアップを干渉しない所に作る

外付ハードディスクや、Webストレージでも良いのですが、

一番良いのはバックアップ時のみに接続し、それ以外の時は外せるものです。

個人で所有するファイル量なら、ちょっとしたUSBにでも収まります。 

 これなんか、今なら1000円切ってますし。

僕もこの記事書きながら買いました。(笑)

 

・セキュリティソフトの導入

いろいろ気にしていても、それでも入ってこられるケースもあります。

そうなったときに最後の砦になるのが、セキュリティソフトです。

無料版でも、何も無いよりはマシですが、できれば有料版の方が良いと思います。

セキュリティソフトも、常に最新の状態にしておくことが重要です。

 

www.trendmicro.co.jp

 

有名どころだと、トレンドマイクロが出してるウイルスバスターとかですね。

セキュリティソフトにお金使いたくない人もいると思いますが、個人情報を大切にする現代においては必要なものではないかなと思います。

 

 

 

 

以上、ランサムウェアについてまとめてみました。

 

ネットが発展していくほどに、こうやって悪いことをしてお金を稼ごうとする人はいつの時代にもいます。

 

みなさんも気を付けましょう。

 

 

ブログお読みいただきありがとうございます。

 

田中大貴

大手チェーンとの差別化を図れ!

おはようございます

 

こんにちは

 

こんばんは

 

前回に引き続き、古着転売で儲ける方法について考えていきます。

ちなみにまだ方法についてはほとんど触れません(笑)

 

前提として、知っておくべきことがたくさんあるからです。

今回もそのうちのひとつです。

 

私は、前回の記事でも書いたように、某ブランド古着チェーン店に勤めていた経歴が有ります。

⇒前回の記事

その経験を生かして、今回の記事では、

大手ブランド古着チェーンについて考えます。

 

1.仕入れ先は?

お金を稼ぐには対価(商品)が必要ですよね。

では、大手ブランド古着チェーンの仕入れ先って、どこだと思いますか?

 

買取です。

 

おそらくですが、ほとんどの会社は新品の商品を業者から仕入れることはありません。

それぞれ店舗やネットを通して行っている「買取サービス」を利用して、集めたものだけを販売しています。

 

 

2.どうやって利益を出すの?

これは簡単な仕組みです。

全ての商売に共通することですが、一言でいえば

 

「一円でも安く買い取って、一円でも高く売る」

 

これに尽きます。

 

しかし、最近はネットの発展に伴い、フリマアプリが伸び盛りです。

それによって大手チェーンの業績も落ち込み気味といってよいでしょう。

どうしてこうなったのか、わかりやすく図示してみましょう。

 

 

これまでの形態

 

消費者A(´・ω・`)「これ、高かったけど、、もう着ないし、捨てるのも勿体ないなぁ」

企業(・∀・)「それ、1000円で買い取らせてください!」

消費者(´・ω・`)「1000円か…まあいらないし捨てるより良いか」

企業(・∀・)「ありがとうございます!」

 

数日後・・・・・

 

消費者B( ´_ゝ`)「これ、欲しかったやつだ・・・。しかも定価よりだいぶん安い」

企業「8000円でどうですか?ちなみに定価15000円するんですよ~」

消費者B( ´_ゝ`)「ちょっと使用感あるけど、まあいいか。これ下さい」

 

企業(・∀・)「やったぜ」

 

わかります?これ。

たとえ話なので値段はめっちゃ適当ですけど、一番得してるの企業くんなんですよ。

ちなみに企業くんが定価について話してますけど、

これ場合によっては景品表示法に引っかかります。詳しくはまた今度。

 

 

 

続いて今の形態についても同様に。

 

消費者A(´・ω・`)「これ、高かったけど、、もう着ないし、捨てるのも勿体ないなぁ」

消費者A(´・ω・`)「そうだフリマアプリで売ろう!3000円くらいで売れるかな?」

 

数時間後・・・・

 

消費者B( ´_ゝ`)「これ、欲しかったやつだ・・・。しかも定価よりだいぶん安い」

消費者B( ´_ゝ`)「買っちゃおう」

 

(´・ω・`)&( ´_ゝ`)「やったぜ」

 

どうですか。

AくんもBくんも、さっきよりずっと得してますよね。

そうです。間に企業を挟まなければ、消費者同士、Win-Winなんです。

 

 

3.じゃあどうしてみんなフリマアプリやらないの?

上で書いたように、ぶっちゃけ古着買取店に持っていくのは、お金の面で考えると、すごく勿体ないです。

 

それでも何故古着チェーンは衰退していかないのか?

というか一部は既に衰退しているんですが、業界上位の企業は伸び続けています。

 

お店に売りに行く側と、買いに行く側の両方からメリットを考えてみましょう。

 

a.売る側のメリット

・大手企業との取引なので安心

・店舗数が多く、自分の好きな時間に行ける

・いらないものを確実に引き取ってもらえる

(・エコに参画している気になれる)

・すぐに現金が手に入る

 

パッと思いつく限り、こんなところでしょうか。意外と少ない…。

まだあればコメントください。

 

b.買いに行く側のメリット

・大手企業との取引なので安心

・現物を確認して買える

・売り物が偽物であることはほぼ無い

・ポイントとか貯まる。

etc....

 

正直、買い手側に関していえば、フリマアプリも古着チェーンも大して変わりません。

ECとかウェブショップはどの業界でもやってますし。

 

 

と、メリットをいくつかあげてみました。

どうでしょう。大したメリット無くないですか?

世間の消費者たちは、「面倒くさいから」「よくわからないから」を理由に

この程度のメリットで、ちょっと手間かければもらえるお金を、企業にプレゼントしてるんですね。

 

 

 

ここまでこればおわかりでしょう。

消費者が求めているものはなんなのか。

 

簡単・早い・安心

 

この三要素です。

この三つの総合評価において上回れば、確実に勝てます。

 

 

古着転売は斜陽と言われますが、決してそんなことはありません。

ほとんどの人間は思っただけで行動に移しません。

 

なら、あなたは行動を起こせばいいのです

 

具体的な方法論について、次回以降話していきます。

 

ヤフオク販売を外注化して稼ぐ仕組み作り

ヤフオク販売を外注化して稼ぐ仕組み作り

 

心を込めて文章書いてるんですが、わかりにくかったという方に。

↑の本読んでいただけるとよりわかりやすいかなと思います。

 

 

ブログお読みいただきありがとうございます。

 

田中大貴

人生=ドラクエ理論

おはようございます。

 

こんにちは。

 

こんばんは。

 

 

突然ですが、僕は親がお金持ちで、そのアドバンテージを存分に使ってくる人間が嫌いです。

ですが同時に可哀想にも思います。

たぶん僻みにしか聞こえないと思いますが。。。

 

私は北海道で生まれ、高校生まで親元で育ちました。

家は決して裕福ではありませんでしたが、かといって生活に困窮するほどでもないくらいのごく普通の家庭だったと思います。

 

両親は特別厳しくはありませんでしたし、しっかり育ててくれたことに今でも感謝しています。

 

私が上京すると言い出したのは、中学二年生の頃だったそうです。

学校で、なんとなく高校大学のビジョンを考える機会があり、そこで上京したいと言ったそうな。

あんまり覚えてませんが。(笑)

 

両親は反対しませんでした。

特に、父は若いころに東京に住んでいたことがあったらしく、理解してくれました。

 

しかし上京するには条件があり、

 

①公立高校に合格する

②大学の学費を自分で何とかする

③一切の援助をしない

 

という三つの条件が有りました。

 

ごく一般的な家庭でしたが、そこまで生活に余裕があったわけでもないので、自分の力で何とかしてみろ、ということです。

 

それから僕はアルバイトを始めました。

中学三年生の部活を引退した後、新聞配達を最初に始めました。

 

高校は無事公立高校に合格することができて、第一関門を突破しました。

もしそこに落ちたら、私は今頃、漁師か農家になっていたことでしょう。

 

高校でも新聞配達は続け、更にコンビニやテレアポなど、さまざまな経験を積みました。

 

そして大学に入りました。

いかんせん英語がまったく出来ず、しかも1ミリも勉強しようとしなかったので、

センター試験という選択肢がなく、得意な国語とプレゼン能力を生かしてAO入試で自分の偏差値より10は上の私立大学に入りました。

 

新歓で一番楽しそうだった、テニスサークルに入って先輩や同級生と仲良くなりました。

仲良くなっていくうちに、これまでの人生の話をして、

 

「こいつら皆、人生イージーモードだな」

 

と強く感じました。

 

中学受験で、私立の中学校に入り、そのままエスカレーターで高校進学。

大学入試は指定校推薦。

一人暮らしの家賃はすべて親が持ち、住んでいる本人はその金額すら知らない。

毎月お小遣いに20万円もらい、4年生になってアルバイトしたことすらない。

就職は親のコネ。

 

彼らはいったいどこで努力してきたのでしょう?

苦労したことあるのでしょうか?

 

正直羨ましいと何度も思いました。

でも、同時に自分の両親に感謝しました。

 

なぜなら、彼らよりも私の方が、レベル(これまでの経験)が上だからです。

 

 

突然ですがドラクエの話をします。

二人の勇者がいました。

 

勇者A

レベル1

武器:ロトの剣

防具:ロトの盾

所持金:$916461364121534

 

スタート地点からモンスターを強力な装備でガンガン薙ぎ倒しあっさりクリア。

もはやレベル上げなんて必要ないですね。

 

勇者B

レベル1

武器:こんぼう

防具:なし

所持金:$12

 

何度もコンティニューして、無駄にフィールド歩いてレベルを上げて、

ようやくなんとかボスを倒していく感じですね。

 

 

この二人の勇者、ゲーム後半のフィールドでレベルを比べたとき、

どっちがレベル高いと思います?

 

 

私は勇者Bの方がずっと高レベルになっていると思います。

つまりそういうことです。

 

ずっと楽をして生きてきた人間は、勇者A。

試練を乗り越えてきた人間は、勇者B。

 

 

どっちが強いと思いますか?

 

 

私は、苦労を知らない人に負ける気がしません。

マダンテで一発です。

 

 

以上、私の人生=ドラクエ理論です。

 

 ↑これ、かわいくないですか?(笑)

オレンジジュース入れたらスライムベスですよ。

ビールを入れたらゴールデンスライム!(フォルム違うけど)

しかも信頼の日本製です。ゆらゆらと書いてますが意外と使いやすいです。

 

 

僕は今、大きな敵と対峙しています。

人生で何度唱えたかわかりませんが、ここでも「パルプンテ」を唱えます。

結果が楽しみです。

 

ブログお読みいただきありがとうございます。

 

田中大貴

努力して努力して努力して、、、やっと「人並み」の人間になって、嬉しい?

おはようございます。

 

こんにちは。

 

こんばんは。

 

私は小学校、中学校、そして今に至るまで運動が苦手です。

理屈は頭でわかっているんですが、体を上手く操ることができません。

リレーとかたぶんほぼ勝てたことないですし、サッカーとかもへたくそです。

たぶんそれを運動神経がないっていうんでしょうね。(笑)

 

しかし、頭脳においては、こと「効率化」においては負ける気がしません。

決して勉強が人よりできるとかそういうことではありませんが。

 

実際、英語は全くできませんし、高校の頃は学年で最下位もとりました。

それでも勉強する気はまったくありません。

なぜやらないのか??

答えは簡単です。「できないから」です。

 

できないことをやる必要はないのです。

それを自分よりできる人間がいるのなら、それはもう必要ありません。

 

高校生が英語を学ぶ意味について考えます。大きく二つだと思います。

① いい大学、いい会社に入る為

② 将来、海外で暮らしたい

程度のことだと私は考えます。

 

①と②、必要ですか?

 

どちらも私の取捨選択の結果、いらないものになりました。

 

大学なんて英語なくても入れるところあるじゃないですか。

それに、海外で暮らすにしろ、どうせ近いうちにリアルタイム翻訳機みたいなのできると思いません?

 

だから、英語を勉強することをやめました。

その代わりに、もともと得意だった現代文をもっと伸ばすことに力を注ぎました。

 

結果として、英語で学年最下位をゲットした5教科の定期テストで、

国語では学年トップをつかみました。

また、高校3年生の頃に漢字検定準一級も取得しました。

 

・苦手を人並みに合わせるための努力

・得意を傑出したものにするための努力

 

どっちが大切だと思いますか?

できないことを人並みにする努力って無駄だと思いませんか?

頑張って頑張って、やっと人並み。

 

それなら、

せっかく持って生まれた個性を伸ばしたほうがいいと思いませんか?

 

勉強できるできない以前に、もっと根本的なところで、本質を考えるべきです。

自分に必要な取捨選択を誤らなければ、それほど大きなエネルギーは必要ないのです。

 

以上は私の持論なのですが、

努力について考えた本を探してみました。

色々な考え方に触れるのは大切だと思います。

例によって僕は読んでませんが。(笑)

 

新世代努力論 「恵まれた世代」は判ってない。これがぼくらの価値観だ。
 
ブログお読みいただきありがとうございます。
 

 

転売に、古物商の資格は必要なのか?

私はブランド古着販売のリユースショップに勤めていた経歴があります。

社内資格ではありますが、バイヤーの資格も持っています。

そんな私がお金を生み出すツールとしてまず古着転売について取り上げようと思います。

 

そもそも転売ヤーを生業として生きていくには、本来「古物商」という資格が必要なわけですが、古物商とは何なのか。

 

 

古物商(こぶつしょう)は、古物営業法に規定される古物(中古品および転売を目的とした新品)を、業として売買または交換する業者・個人のことである。
なお、古物をレンタル、リース等する場合であっても、顧客に貸与し、または顧客から返還を受けることが同法の「交換」に該当し、古物商に該当する。小売を経ていない新品をレンタル等する場合は該当しない。古物商(こぶつしょう)は、古物営業法に規定される古物(中古品および転売を目的とした新品)を、業として売買または交換する業者・個人のことである。
なお、古物をレンタル、リース等する場合であっても、顧客に貸与し、または顧客から返還を受けることが同法の「交換」に該当し、古物商に該当する。小売を経ていない新品をレンタル等する場合は該当しない。

(引用元:ウィキペディア

 

 

とのことです。要するに古物、中古品を販売目的で入手し、またそれを売ることで利益を生み出す人のことですね。

 

 

しかしここで疑問になってくるのが、販売目的なのか、自分で使うことが目的なのかが非常にグレーゾーンなところですよね。

例えばおじさんが女性モノのカバンを転売目的で買ったとしても、

「プレゼント用だったんだ!でも気に入ってもらえなかったからやっぱり売るんだ!」

といえばそれは確かめようのない事実なわけですので、何とも言えないですよね。 

 

 

もちろん、それを何十回何百回と繰り返し行うのはもう客観的にも

アウトだと思いますので、そこまでやるなら古物商を取得することを勧めます。

ちなみに気になる金額ですが、19000円だそうです。

 

 

一方で最近はネットオークションやメルカリなどのフリマアプリが流行っています。

おそらく大半の方々は古物商は持っていないのではないでしょうか。

 

 

「たまたま家にあるものを売るよ~」というスタンスのようです。

押入れ整理とか、よく見るワードですけど本当なんですかね?(笑)

 

 

ごく稀に古物営業法違反で摘発されるケースもありますが、ほとんどは黙認状態のように思えます。

 

 

ちなみに古物商の取得フローは、警視庁のHPでも確認できるようです。

僕は読んでませんが。(笑)

古物商許可申請 警視庁

 

 

※古物商未取得での転売を助長するような発言にもとれますが、決してそういうことではありません。古物商の取得しておくことに、19000円かかること以外、損はないでしょう。